BoulderingのBoulder(ボルダ―)には「巨岩」という意味があります。

 

3~5m程の岩をロープなどを使わずに登るシンプルなクライミングスタイルの事をボルダリングと呼びます

 

もともと室内でのインドアボルダリングは岩登りの練習のために作られたのがきっかけでしたが、近年ではスポーツのひとつとして確立されてきました。2020年東京オリンピックでは3種目の合計成績を競う「スポーツクライミング」のうち1種目としてボルダリングが正式種目として組み込まれています。

 



 

 

 

インドアボルダリングの基本ルールとしてはホールドと呼ばれる壁についている突起物を使い各コース(課題という呼ばれ方をします)の中であらかじめ決められたホールドだけを使い、スタートから落ちずにゴールを目指すというシンプルなものです。


 

しかし「壁」と一言に言っても形状は様々。両手をホールドから離せてしまうような角度の緩いものからまるで建物の天井を登っているような角度の強いものまで…

 

 

そして各課題の難易度ですが、初心者の方にも優しい簡単なモノから上級者の方が挑戦するハードなものまで様々。みなさんひとりひとりに合わせたものから挑戦していただけて自分のペースで楽しんでいただけます。


 

近年スポーツとしてお子様から大人まで様々な方に楽しまれているボルダリングですが、その楽しみ方は人それぞれ。

 

・登れた達成感を味わいたい・自分の限界難易度への挑戦・ダイエット、体力作りの一環として・ジムで出来た仲間と楽しくワイワイ運動したい・運動不足の解消などなど楽しみ方や目的は様々。

 

あなたに合ったスタイルでボルダリングを楽しみましょう♪